前へ
次へ

グロテスクだがおいしいアンコウ

チョウチンアンコウと呼ばれる生物がいます。
海にいる魚で、頭の上に提灯のようなものをぶら下げています。
それをおとりにしてえさを取る習性があります。
見た目は非常にグロテスクで、その姿を見れば誰も食べたいとは感じないでしょう。
ただ、スーパーなどではあまり売られていません。
アンコウは非常に高価な食材として知られています。
非常においしい魚ですが、それほどたくさんとれるわけではありません。
取れれば高級料理店などに卸されてしまいます。
よく取れる漁港の近くであればアンコウの専門店などがあり、通常よりも安くアンコウ尽くし料理などが食べられます。
アンコウのおいしい部分としては、基本的には全部です。
よくアンキモがおいしいといわれますが、それ以外の身も美味です。
ゼラチン質が多く、コラーゲンもたっぷりなので美容にもいい食材と言えるでしょう。
捨てるところがないといわれるぐらいいろいろな部分を食べられる魚です。
寒い時期の鍋にいいかもしれません。

Page Top