前へ
次へ

骨のために必要になるビタミンDを知る

ビタミンと聞いて真っ先に出てくるのはビタミンCでしょう。
テレビコマーシャルでも良く聞きます。
レモンに入っているイメージが強いですが、フルーツの他野菜などにも多く含まれます。
ビタミンにはAを始めとしてBやC、そしてDやEもあります。
もちろんそれぞれ体にとって必要な栄養分の一つです。
体に必要なミネラルとしてカルシウムがあるのは知られています。
骨を構成する大事な栄養素で、骨以外の部分にも含まれています。
体を動かすときにも必要になるので、カルシウムの摂取が少ないと骨を溶かして使うとされています。
普段から骨を丈夫にするよう、しっかりカルシウムの摂取をしなければいけません。
大事なカルシウムですが、カルシウムの吸収に大事になってくるビタミンがあります。
それがビタミンDです。
ビタミンCに比べると地味ですが、摂取を怠るとせっかくのカルシウムがうまく吸収されなくなります。
食事からの摂取の他、日光浴が必要とされています。
10分ほど日光浴をするとよいとされます。

Page Top